自宅売買

自宅売買

不動産登記簿謄本の住所変更は自分でできる!司法書士への手数料2万円を節約する方法

自宅購入時、必ず必要になる不動産登記。もし旧住所で登録した場合、後々登記簿上の住所変更をしなければなりません(登記名義人表示変更)。これを司法書士の先生にお任せすると手数料は2万円ほどかかるはず。でもこれ、自分で変更手続きができるんです。2万円を節約したい方、登記簿謄本の住所変更を自分でする方法、ぜひ読んでみてくださいね。
引っ越し

3件目契約してからが大変!マンション売却と退職と引越の作業に追われた日々

3度目の自宅買い替え。3件目の物件の売買契約を結んでからが大変。現在のマンションの売却に手間取り、新居の引渡し日までに住宅ローンを使わずして購入資金を準備できるのか?並行して時間ロスなく退職日を決めたり新居への引越を進められるのか?問題が山積みで、怒涛の半年を過ごしました。救世主、優秀な不動産屋の登場で全て解決!
自宅売買

3件目は田舎の戸建て物件

人生3度目の自宅購入は、初めての一戸建て。その前の2件は横浜中心地のマンションだったため、物件探しも今までとは勝手が違くて戸惑いましたが、なんと1日に3件内覧して、その日に購入する物件を決めてしまいました。
自宅売買

2件目はみなとみらいのタワーマンション♪

1件目の自宅購入で、狭さや物件の高級感などで物足りなさを感じ始めた我が家。その頃始めたフラの衣装を収納する場所がなくなってしまい、思い切って住み替えをすることを決意。2件目なので1件目の物件の反省を生かして、できるだけ理想に近い、心から気にいる物件を探すべく始動しました。
自宅売買

最初の持ち家は横浜中心地の新築マンション

長い間賃貸物件を何度も引越して来た私が自己所有の家を持ったのは、友人が購入した素敵なマンションを見に行ったのがきっかけ。最初は、その友人が購入したマンションのエリアが気に入り、横浜の中心部に新築マンションを購入しました。快適な生活でしたが、少しずつ不満や問題が発生し・・・。
タイトルとURLをコピーしました