最初の持ち家は横浜中心地の新築マンション

きっかけは友人女性のマンション購入

一番初めにマンションを買ったのは32歳の時。親しい女性同僚がお一人様でとっても素敵なマンションを購入したのがきっかけでした。

横浜のとってもお洒落なエリアにある友人の新築マンションに遊びに行ったら、自分が今まで住んできた賃貸マンションとはグレードが違いすぎて目がくらみそうに(笑)歴史ある周囲の建物にマッチさせた外観の素晴らしさ、大理石のロビー、エントランスの高級感、そしてなんと、郵便・宅配やクリーニングなどを取り次いでくれるコンシェルジュまでいるんです。ここはホテル???と錯覚しました。歴史ある周辺の土地柄なども含め、一瞬にして魅了されてしまった私。。。

そして、お部屋に行くと、さらに彼女らしいシックなインテリアに胸キュン。私と彼女は好きなものも似ているし感性もも似ているよね〜とお互いに認識していただけあって、彼女の好みはドンピシャ私の好み。ダークブラウンのフローリングに、色味も合わせてダークブラウンで統一した家具や家電。憧れのウォークインクローゼットは購入時に間取り変更をして作ったそうです。広さは恐らく60平米に満たないくらいだったと思いますが、一人でそんな贅沢な広さを占有し、こんな洗練されたお部屋に住むなんてずるい〜〜、私もこんなマンションが欲しい!と頭の中がマンションでいっぱいになってしまいました。

モデルルーム巡りが始まり、結婚も決まる(!)

当時は私も独身。でも、彼女が買ったのだから女性一人でもマンションって買えるんだ〜と目からウロコだったのを覚えています。幸いにも、当時は上場企業勤めで勤務年数もそこそこあり、年収も一般のOLと比較しても多い方。住宅ローンも同じ会社に勤めていた友人がOKだったのだから恐らく問題なく通るだろうということで、そこから、気になる物件を探してはモデルルームに見に行く、という楽しい時期が始まりました。元々、モデルルームとか物件内覧とかが大好きだった私にとっては、買う気で見に行くモデルルーム見学は、もうディズニーランドなんかより断然楽しいアトラクション(笑)

独身時代は会社に近い渋谷区の20平米ほどの賃貸マンションに住んでいたので都内の物件も見に行きました。ただ、当時付き合っていた彼(現在の夫)が横浜勤務だったこともあり、当時は二人で暮らすために都内と横浜両方に通いやすいエリアの賃貸マンションに住んでいたのです。なので、都内だけでなく、横浜の物件もいくつか見に行きました。

ちなみに、最初は一人でマンションを探していたのです。でも現在の夫が、私が一人で先走っているのを見て「俺はどうなるんだ?」と心配になったのか、「結婚どうする・・・?」と突然言い出しまして(笑)私としては、マンションを一人で買って、彼から家賃を取って同棲を続ければいいや〜くらいに思っていたのですが、マンション購入計画と共に結婚することにもなってしまいました(^^)

やはり最初に魅了された横浜エリアのマンションに決定

都内や横浜市内のモデルルームを見学し、結局、マンション探しのきっかけとなった友人のマンションの周辺環境が気に入り、その近くの横浜中心部に最初の物件を購入しました。

広さ60平米弱の狭めの2LDK。二人で住むには十分な広さです。駅徒歩4分、バス停は目の前、スーパーや大きな商業施設も歩いてすぐ、元町中華街や山下公園などの観光スポットにも週末にはお散歩がてら歩いて行ける距離という、とても便利なロケーションでした。

強いて言えば、本当なら友人が購入したマンションのように、エントランスがゴージャスで、コンシェルジュデスクがあって、見るからにお洒落な超高層物件が希望だったのです。だけど、私が物件探しをしていた時期は、あいにくと希望のエリアにタワーマンションの新築がなく泣く泣く諦め、10階建て以下のマンションになってしまいました。だけど、賃貸物件にばかり何度も引越を繰り返していた私にとって、初めての自己所有物件への引越は本当にワクワクで、契約してから物件引渡しまでの日々はもう待ち遠しくて待ち遠しくて仕方がなかったのを覚えています。

そして、いよいよ引渡しの日。今まで、モデルルームや間取り図でしか見たことがなかった我が家に初めて足を踏み入れる時がやって来ました。第一の印象を正直に言いますと・・・

せ、狭い。。。

でした(汗)友人のマンションより平米数は若干広いはずなんですが、友人の部屋は「1LDK+小さめの書斎」という作り。なのでリビングとベッドルームが広々としていたのに対し、私が購入した物件は2LDK。彼女の部屋より一つ一つの部屋が全体的に狭くなってしまうのです。友人の真似をして間取り変更を施しており、通常のクローゼットの位置にウォークインクローゼットを設置してもらったのですが、その広さも想像より遥かに小さくてがっかり・・・。

やはり新築マンションは、引渡しまで自分の部屋を見ることができませんから、モデルルームのイメージが強くなり過ぎて、それより小さい我が家を見てしまうとがっかりすることが少なからずあるようですね(汗)

とは言え、初めての自己所有物件。小さいながらも愛着は湧いて来ますし、新築で綺麗ですし、設備も最新。近所にお気に入りのお店を見つけたり、興味があったフラダンスの教室を徒歩5分ほどの所に見つけて通い始めたりと、次第にそこでの暮らしも充実して来ました。何よりエリアの便利さが最強で、そこでの暮らしはとても気に入っていました。

収納が少ない!もっと華やかなマンションが欲しい!で住み替えを決意

ですが時間が経つにつれ、見逃せない問題が浮上・・・最初に感じた狭さです。というか、狭いこと自体は我慢できるのですが、収納不足が大問題。入居とほぼ時を同じくして習い始めたフラダンス、習う期間が長くなるごとに、衣装がどんどん増えていくのです。あれって、見た目以上にとっても嵩張るんですよ。それにドレスだけでなくて、頭に付けるヘッドバンド、首にかけるレイ、ウリウリやイプなどの楽器等々・・・

どんどんとフラの衣装やグッズが増えていきました。そうなると、元々洋服持ちで、最初からパンパンだった私のクローゼットでは、ドレスがしまいきれない・・・という事態に陥ることになってしまったのです(涙)

しばらくは我慢していましたが、やはりもう少し広い部屋に引っ越したい!という気持ちが抑えられず、7年で住み替えを考えることになるのです。

タイトルとURLをコピーしました