3件目は田舎の戸建て物件

仕事に疲れ、退職を考える

2件目で購入したみなとみらいのマンション。周辺の便利な環境、ザ・ヨコハマを感じられるロケーション、マンションのグレードや間取りなど、全てが理想的で一生ここに住んでもいいかも・・・なんて思っていました。

ただ、私もそれなりに年をとり、長く勤めいていた仕事に対して精神的にも体力的にも限界を感じていたり、横浜から都内への通勤が年々苦痛になって来たことともあり、このままハードな仕事を一生続ける自分が想像できなくなってしまいました。特に辛かったのが通勤。毎朝使っていた東横線が、副都心線やその先の東武何チャラ線だの西武何チャラ線だの、縁もゆかりもない地域の路線に繋がったせいで、週の半分は遅れが発生。そのために電車が異様に混雑して、朝の通勤だけで仕事に使うパワーが半分は削がれてしまうようなイライラと苦痛を感じていました。

そのような状況が数年続き「そろそろ疲れてしまったな・・・別の人生を歩むなら今この年がラストチャンスかも」と思い始めたことがきっかけで、長かった社会人生活を卒業することに決めたのです。

ローンとかどうしよう?

退職を決意して、最初に遭遇した問題は、今までWインカムで余裕のあった生活がかなり厳しくなると言うこと。Wインカムを前提に組んでいたみなとみらいのマンションのローンだけでも、繰上げ返済を含めると月に20万以上払っていました。他に車のローンも月に4万ほど。駐車場代も月3万、マンションの管理費・修繕積立費・熱供給費などで1ヶ月に6万円ほど、と家と車関連の月々の固定費だけでも軽く30万越え。繰上げ返済をやめたとしても20万は下らない。。。

私が通勤のストレスがない、みなとみらい周辺の会社に再就職すればギリギリやっていけないこともなかったかと思います。だけど、それまで稼いでいた収入は大幅に減ることは間違いないですし、お給料が減ってまでは仕事はしたくない・・・しばらく憧れの専業主婦をやってみたい、という思いが強く、であれば生活の固定費が少ない田舎に引っ越すのもいいかもね、なんて選択肢が出てきました。

最初は漠然とした考えのまま、帰省した時に田舎の物件を見に行ったりしていました。またいつ都会に戻りたくなるかもしれないので、賃貸物件でいいと思っていたのですが、そこそこの広さと綺麗な物件を探しても希望に沿う物件自体が少ない上に、あってもやはり合格点を出せる物件は田舎とは言えそれなりの家賃設定なのです。

そんな家賃払うなら、買ってしまった方が結果安いですよね。田舎は戸建て物件と言えども、中には1800万円ほどで買える物件があります。安いし買っちゃった方が売る時にお金になるし、という単純な理由で引っ越すなら3件目の自宅も「購入」をすることに決めました。

たった1日のモデルハウス見学で3件目の自宅購入を決意

そうと決めてからは、早速インターネットで物件探しです。2つほど目星を付けて建売の戸建て住宅を内覧に行きました。1件目は安くて綺麗で駅も近く気に入ったのですが、ちょっと作りが安っぽいかなぁ、と感じました。2件目は周辺環境が気に入らず(古い家がたくさんある中に、その家だけ1軒新しく建てられていたので近所付き合いが面倒そう・・・と感じ)却下。まあ、初日で気に入る物件もないよな〜とその日はそのまま終わろうとしたのですが、親族から「あそこにも新しい住宅が何件か建てられてたよ。場所は良さそうだよ」という情報が入り、スマホで調べて売主である不動産会社に電話で問い合わせ。1時間後に現地待ち合わせということになったのです。

その時は、ただ見るだけ・・・のつもりでしたが、見たら「悪くないじゃん」という印象。最初に見た物件より設備や作りもちゃんとしていましたし、そもそもが田舎の安い戸建て物件なんていくつ見てもそう変わらないと思うという、最初から期待値が低かったこともあります。そんな中で、その日に見た3件の中では一番いいね、間取りも最低の希望はパスしてるし、田舎にしては高いけどもう少し安くしてくれたらここに決めてもいいかもね、なんて夫と意見も合致。とはいえ、いきなり買うのも軽すぎるのでその日は交渉だけと思ったのですが、今日決めてくださればおいくらお値引きします、なんて話になり(汗)

いや〜、さすがに今日が物件内覧の初日ですし、他にも見たい物件あるので・・・と多少引きつつ、数日考える時間もらって、その時お値引き価格のままオファーしてもらえたら、そこに決めちゃおう〜という、8割方自分の中では心が決まっていました。

買うとなればみなとみらいのマンション売却の話も早く進めないといけないし、20年働いたボスに退職のことも伝えなければならない。全ては、まず買う物件が決まらないと進められない・・・と言うことで、悩む時間もほぼなく、その一戸建て物件に人生3度目の自宅購入を決めることになりました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました